御社、貴社、弊社の使い方

就職活動で必ず登場する「御社、貴社、弊社」の使い方についてです。

なぜ、このようなお話をするかというと、
毎年、履歴書やエントリーシート、面接の中で、
必ず間違えている方がいるからです。
割合としてはそれほど多くはありませんが、就職活動の時期になって、
急に出てくる言葉なので、間違えて覚えてしまったのか、
間違えている情報源から情報を得てしまっているのでしょう。

話の中で使いこなすには、多少慣れが必要になってきますから、
早いうちから慣れ親しむことが大切です。

まず、「御社」ですが、
これは相手の会社を指す場合に使います。
そして「貴社」、
こちらも相手の会社を指す場合に使います。

では、「御社」と「貴社」の違いは何かというと、
「御社」・・・主に、話し言葉で使う。
「貴社」・・・エントリーシートや履歴書に記入する際に使う言葉。

最後に「弊社」ですが、
こちらは、自分の会社を指して言う言葉です。
就職活動では、会社側の方が使う言葉です。

また、一般企業以外に使う言葉もあります。
銀行では、
「御行、貴行」「弊行」
信用金庫では、
「御(金)庫、貴(金)庫」「弊(金)庫」
市役所、区役所では、
「御庁、貴庁」「弊庁」
学校であれば、
「御校、貴校」「弊校」
といったものがあります。

御がつくものは、話し言葉
貴がつくものは、書き言葉として覚えておけば、応用がきくと思います。

敬語に関連して、もうひとつ、
男性の方は自分を指して、「わたし」「わたくし」といいますが、
これも慣れないと、とても違和感があって使いづらいと思います。
わたしも使いづらかったのを覚えています。

以上で敬語のお話は終わりですが、

最後に敬語の使い方は、深くまで追求すればとても時間がかかります。
それで正しく使えるようになっても、就職活動の成功を考えた時には、
時間の割に効果の少ないないものです。
書いたり、話したりする内容、中身のほうが大切です。

ですから敬語は、基本的なところだけ押さえて、あとは慣れる。
伝える中身を充実させることに重点を置くといった考えのほうが
いいと思います。

なぜあの人は自分らしい仕事をして信頼と収入と幸せを手に入れることができるのか